安易に解雇で人件費を削減すると痛い目に遭うかも!

どこの企業を見てみても人件費が経費の大部分を占めている事が多いと思います。

経費削減を狙って人件費を削るという事はどのような影響が出るのかあまりイメージが沸かないですよね。はっきり申し上げて、経費が削減できる以外にも様々な影響があるんですね

その影響というのはどちらかと言うと、マイナスの影響の方が多分多いと思います。

それはリスクと言ってしまっても良いかもしれません。人件費の削減が与えるリスクやマイナスの影響を経営者としてしっかりと把握しておく事は非常に大事な事だと思います。

ここでは経費削減と人件費の関係性について解説したいと思います。

 

人件費を削減すると売上が下がる!?

企業を経営する中において経費というのは必ず必要になってきますが、その経費の中で大きなパーセンテージを占めているのが人件費なんですね。

そういった背景から、人件費を削る事によってかなりの経費を削減する事が可能なんですね。

にもかかわらず、人件費を削る事というのは、社員のモチベーションを間違いなく下げてしまう事になるので、企業の業績にも大きく影響する可能性があるんですね。

普通に考えて、給料が減ってしまえばやる気は出ないだろうし、解雇されそうな可能性があればその事が気になって本来のパフォーマンスを出す事ができなくなりますよね。

経費削減の観点から見ると、解雇などをして人件費を削る事は実効性のあるやり方と言えますが、ただ最もデメリットやリスクが出やすい対策であるとも言えるんですね。

 

人件費の削減は経費削減策としては最終手段!

企業からすれば社員は大事な財産であり、人件費を削る事は瞬間的には経費削減効果が期待できますが、中長期的な視点で見ると企業にとっては効果が高い方法とは言い難いんですね。

行き当たりばったりでリストラした事が、将来的にはまた人材を獲得する時によりたくさんの費用が必要になり、結果として莫大なコストが掛かってしまう事になってしまうんですね。

そういった理由で人件費を削減するという事は、時間が経ってから膨大な時間と経費が必要になるという事をしっかりと織り込み済みで実施されなければなりません。

人件費を削減するのは、最後の切り札と考えた方が良いと思います。

もし、現在の経営状況が苦しかったとしても、人件費の削減をしないで何とか乗り越えられそうなら将来的な事を見越してやらないに越した事はないんですね。

 

人件費の削減はその社員の人生にも関わる問題になる!

人件費の削減は最後の手段ではありますが、そうは言っても将来的な事よりも直近の数ヶ月を乗り切らなければ会社が倒産してしまうという事であれば、話は別だと思います。

倒産してしまえば、その借金は最終的には経営者個人に請求がきてしまう事が多いからです。

もちろん、人件費以外でできる経費削減を最大限チャレンジしたという事が大前提ですが、会社を守るためにやらなければならない時があるかもしれません。

人件費削減方法というのはいくつかあります。

ボーナスや基本給を削ったり、昇給を停止したり、様々な手当てをやめたりなど色々とありますが、その中でも最も社員の一生涯に関わりがあるのがリストラだと思います。

人件費を削減するという事はどんな方法をやるとしても、非常にデリケートな問題です。

しっかりと将来的な視点や経営者としての視点・社員からの視点などなど、様々な角度から何が一番良い方法なのかをしっかりと考えて実行しなければなりません。

このような状況の時には100%正しい答えというのはないかもしれませんが、それでも経営者というのは何が最も良い方法なのかを悩み続けなければならないんですね。

 

社員のモチベーションを下げないで経費削減する事が重要!

当たり前ですが、会社を存続させるために不本意ながらやらなければならない時もありますが、人件費を削減したのに利益が減少してしまっては何の意味もありません。

その事をきちんと考慮してしっかりと判断する必要があるんですね。

どうしても人件費の削減をする必要があるなら、解雇という形ではなく社員の賃金をカットするという方法から実行した方が望ましいと思います。

社員のモチベーションを下げる事なく、経費を改善する事ができるかがカギになります。

そのためには人件費以外で削減できる事をなり振り構わずやっておいたり、経費削減効果が高い商品やサービスを前もって活用する事も重要だと思います。

もっと言うなら、そもそも人件費を削減しなくても大丈夫なような磐石な経営体制を維持していくという事が経営者に求められる能力なのかもしれませんね。

 

人件費削減は非常にデリケートなので注意が必要!

人件費は経費においてはかなりの割合を占めていますが、だからと言って削減してしまうと企業のパワーが格段に下がります。経費は削減できますが、その分売上も下がる可能性が非常に高くなります。特に社員のモチベーションが下がる事は確実ですので、相当の覚悟が必要になります。1度下がってしまったモチベーションをまた上げるのは並大抵の努力では無理です。社員は会社のエンジンなので、人件費のカットは慎重に行なうようにしましょう。

 

経費削減が実現できそうな商品やサービスの紹介
当サイトでは経費削減の実効性が高い商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントは受け付けていません。