経費削減をしないと赤字になってしまう可能性も・・・

企業が活動していく中で、必ず「経費」というものが発生します。

違う言い方をすると、人件費・賃料・電気代・通信費などの経費を使って、企業としての事業規模を大きくしていくとも言えるでしょう。

企業にとって経費というのは重要ですが、無限に使えるというわけではありません。

売上以上に経費を使ってしまうと赤字になってしまいます。そうなってしまうと本末転倒ですよね。売上をしっかり上げて、経費をしっかり削減する事が大事です。

経費をゼロにする事はできないですが、削減する事はできます。

売上の予測は非常に困難ですが、経費を把握する事はそんなに難しい事ではありません。

その中で削減できそうなものがあれば削減していけば良いのです。削減した経費はそのまま利益に直結しますので、経費を削減するという事は企業の利益に繋がる取り組みになります。

 

経費って具体的にはどんなものがあるの?

経費というのは企業活動において無くてはならないものというのは皆様もご存知ですよね。

ただ、実際にどんなものがあるのか詳しく分からないという方も少なくないと思います。

経費削減を本気で実現するためには絶対に把握しておくべき知識や情報だと思います。

そんな経費ですが、大きく分けるとエネルギーコスト・オフィスコスト・オペレーションコストの3つに分類する事ができます。ここではその3つについて解説していきたいと思います。

 

エネルギーコスト

電気・ガス・水道などいわゆるエネルギーに関する経費の事を言います。これは企業活動に限らず、自宅でも絶対というくらい掛かってしまうお金ですので、現代社会を生きる上で欠かす事ができないものになります。エネルギーコストを削減するには色々調査して契約プランを変更したり、器具を替えたりする必要があります。

 

オフィスコスト

主に事務所の運営に関わる経費の事を言います。具体的にはビルの賃料・通信費・宅配代・郵送代・メンテナンス代・事務用品代・OA機器代・社用車のリース代・器具代・コピー代などがあるんですね。オフィスコストは経費削減できる部分がかなりありますので、しっかりと実行すればそれなりの結果が伴うかと思います。

 

オペレーションコスト

主に人に関わる経費の事を言います。具体的には人件費・物流費になります。オペレーションコスト、特に人に関わる経費を削減するという事はそう簡単にはできませんので、実行する場合はしっかりとした知識とビジョンと決意が必要になってきます。あと不良品などがあった場合のロス経費などもこのカテゴリーに属します。

企業活動をすると様々な経費が掛かりますが、上記の3つに属さない経費というのも存在するんですね。どれが経費になってどれが経費にならないかをしっかり把握する事が経費削減を成功させる第一歩と言っても過言ではないでしょう。

 

経費削減の方法ってどんなものがあるの?

経費削減を成功させるためにはある程度の色々な方法を知っておく必要があります。

やり方次第で仮に企業の売上がアップしなかったとしても利益をアップさせる事ができます。

そして、より多くのキャッシュを手元に残す事ができますので結構大事なんですね。

それくらい経費削減に効果的な方法というのは企業の存続や成長にも重要なポイントを担っております。ここでは主要な経費削減の方法について簡単に解説したいと思います。

 

人件費の削減

人件費というのは企業の経費の中でも最も大きな割合を占めるものなので、人件費を削減する事は非常に大きな経費削減効果があると思います。ただ瞬間的な経費削減効果になる事が多く、弊害が大きいのもこの方法なのです。そういう事もあり、人件費を削減する事は企業にとって最終手段ともいうべき措置と言えるでしょう。

 

賃金カット

人件費を削減する方法と一言で言っても様々な方法があって、どうしても実行しなければならないのであれば、解雇ではなく賃金カットという方法から始めた方が良いと思います。そして実際に賃金カットする時には従業員のモチベーションを下げないように、細心の注意を払って経費を削減できるかがポイントなんですね。

 

保険料の削減

企業として活動していく以上、事業が大きくなっていけば従業員を雇用する事もあると思います。そうなった場合企業は社会保険料を支払う義務が生じます。この社会保険料についても無駄を省いていけば経費削減効果も大きいものです。業務内容を見直して、パートやアルバイトを利用する事で保険料を削減する事もできます。

 

賃料の削減

人件費と変わらないくらい経費が掛かっているのが賃料です。なので、賃料を削減する事ができればその分経費削減効果も大きいんですね。土地というのは価格が常に変わっているので、賃料についても家主さんと交渉する余地はあるんですね。しかし、決して簡単ではないのでしっかりとした準備と説明をする必要があります。

 

電気代削減

電気代も企業の経費としては必ず掛かるものになります。最も実行しやすいものとしては節電です。効果が高い方法と言えば、現在の使い勝手に合った契約プランを変更する事です。あと有効な方法としては事務所や店舗など使っている照明をLEDに替える事です。消費電力を大幅に削減できますので、電気代も安くなります。

 

ガス代の削減

ガス代というのは1度契約したらあとは見直す事もなくずっと契約し続けているという企業がほとんどだと思います。しかし、現在ではガスも電気と同じように自由化されたので、ガス料金のプランについても数多くのものがありますので、現在の利用状況に合ったプランに契約を変更すれば経費削減効果も結構高いかと思います。

 

水道代の削減

水道代も毎月支払っているので、節約できれば大きな経費削減になります。これについてもある程度の知識がないと削減する事はできません。簡単に水道代を節約する方法として「節水コマ」があります。水道の蛇口の中に設置して使用するものです。ホームセンターなどで簡単に購入できますので、水道代の削減には役立ちます。

 

電話代の削減

電話代については経費削減をする余地というのは結構あるんですね。電話というのは掛けても掛けなくても固定料金が発生します。固定電話についてはなるべく回線をまとめたり、携帯電話については使用状況によってプランを変更したりするだけでも結構経費削減ができると思います。特に携帯電話はしっかりと見直すべきです。

 

コピー費の削減

企業内では結構自由に使えるコピー機ですが、実は結構経費が掛かっている事が多いんですね。用紙やトナーなどにも経費が掛かりますが、特に注意すべきはカウンター料金です。用紙を節約するよりもカウンター料金を抑える方が経費削減効果は大きいんですね。トナーについてもなるべくリサイクルトナーにすると良いですね。

 

郵送費の削減

企業活動をしているとかなり大量の郵便物が出ると思います。そうなると結構な経費が掛かってしまいますので、この郵送費についても削減する事で経費削減効果が得られると思います。郵便局でも最近では数多くのサービスを取り扱っております。特にエクスパック500やメール便などは特に活用できるサービスだと思います。

 

交通費の削減

交通費というのは社員1人1人に支給する企業における固定費の1つだと思います。この経費を削減するにはあらかじめきちんとしたルールを作る事が重要になります。最大支給額を決めたり、現金ではなく定期券で支給したり、自動車出勤をなるべくさせないなどの対策をする事でかなりの経費削減効果が見込めると思います。

 

車両費の削減

車というのは企業にとっては必要不可欠なものになります。しかし、車を所有する事はかなり経費が掛かりますので、しっかりと削減していく事で経費削減効果が見込めると思います。例を挙げると現在利用している社用車をエコカーに乗り換えたり、カーシェアリングしたり、カーリースを利用したりなど様々な方法があります。

もちろん、上記で解説させて頂いたもの以外にも様々な方法で経費削減をする事ができると思います。常に世の中の新しい情報や知識を手に入れたりして、しっかり経費削減をする事で企業の売上や利益アップに繋がっていくと思います。

 

経費削減を行なう上で知っておくべき4つの注意点とは?

上記で解説させて頂いた方法を実施する事は企業の売上や利益に直結しますが、だからと言って何でもかんでもやってしまうと後から痛い目に遭ってしまいます。

経費削減を行なう上でもしっかり注意点を抑えておく必要があります。この注意点を知っておく事でちゃんとした形で経費削減効果の恩恵を受ける事ができると思います。

持続可能な経費削減方法を実行するために下記の4つの注意点を提唱したいと思います。

削減すべき経費か削減してはいけない経費かを見極める!

経費の管理は経費の規模に応じてしっかり管理する!

雇用維持のために最大限努力する姿勢を見せる!

経費削減と業務改善はセットで行なう必要がある!

この点から言うと、リストラなどの人件費の削減は最終的な手段で、できるだけ日々の業務に影響が出ないような方法から優先的に行なうべきなんですね。

それでなおかつ実効性が高いものが、理想的な経費削減方法という事になります。

 

根本的な経費削減の方法とは一体何?

それでは数ある経費削減の方法の中で、どれが最も効果的なものなのでしょうか?

根本的な経費削減の方法というのは、日々の企業活動に影響が全く出る事なくて、さらに実効性が高い方法の事だと思います。

何故なら毎日のように努力する必要があるものだと長期的に持続する事が難しいからです。

当サイトでも経費削減に効果的な方法についていくつかご紹介させては頂きますが、日々の企業活動に影響が出ない方法というのはとても数少ないのが現状なんですね。

当然それぞれの経費削減方法にはメリット・デメリットがあると思いますが、総合的にオススメな方法は「他の企業に業務をアウトソーシングする」事だと思います。

 

業務をアウトソーシングするメリット・デメリットとは?

他の企業に業務をアウトソーシングする以外の方法でも効果が高いものは多いですが、日々の業務に影響が出る事が多いのも現実です。

経費削減をするのに毎日努力が必要なものだと持続する事が難しくなってしまいます。

持続する事に意識が行って日々の業務に悪影響が出るようだとそれこそ本末転倒です。

そういった持続性や日々の業務への影響からの視点や手段が多い事などを考慮すると「他の企業に業務をアウトソーシングする」のはオススメできる方法と言えると思います。

 

メリット

  • 自社で人員を育成する必要がない。

  • 正社員を雇用するよりも経営的なリスクが少ない。

  • ノウハウがなくても人員を育成する期間が必要ない。

  • すぐに高いパフォーマンスを発揮する事ができる。

  • 効果がない場合はすぐにアウトソーシングを止める事ができる。

  • 自社のコア業務に集中できる。

  • 不得意な業務をお任せする事ができる。

デメリット

  • 自社に独自の技術やノウハウが蓄積しない。

  • 広範囲にアウトソーシングすると管理が大変。

  • 極稀に悪徳業者や悪徳企業が存在する。

 

アウトソーシングのサービスを提供している優良業者というのは現在数多く存在しておりますが、失敗しないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

それは実績が多い優良業者を提供しているアウトソーシングサービスを活用する事です。

これが失敗せずに業務をアウトソーシングする方法なんですね。

 

そこで数多くあるアウトソーシングサービスの中から

口コミの評価が高くて経費削減効果が期待できるサービス

を厳選してランキングにしました!

 

経費削減効果が期待できるサービスBEST3!

レーハウの水道管システム

レーハウの水道管システムの特徴

あまり気を使う事がない水道管のメンテナンス費用を大幅に削減できるのがレーハウの水道管です。通常であれば、水道管というのは15年毎に50万円くらいのメンテナンス費用が掛かるのですが、レーハウであれば半永久的にメンテナンス費用が掛からなくなるので、大幅に経費削減できます。さらに水質も変わりませんし、流水音も静かですし、自信にも強い頑丈構造になりますので、メリットが多いんですね。現在アパートやマンションを所有しているオーナー様や経営者様にとって経費削減というのは常にやらなくていけない至上命題だと思います。少しでも経費削減をしたい方は是非レーハウを検討してみて下さい。

価格

従来のものと変わらない低価格を実現!

評価

備考

50年以上メンテナンス費用が0円!
レーハウの水道管システムの総評

アパートやマンションを経営する上でネックになるのが管理費用や設備更新費用ですよね。長い間アパートやマンションを管理するという事はそれなりに建物やその周辺の設備にガタがきてしまうのがしょうがない事です。そして、突然の修理や設備の更新などの出費は経営を圧迫してしまう結果になります。そのようなリスクを限りなく低減できるのレーハウの水道管システムです。耐久年数は50年以上なのに低価格で購入できるレーハウの水道管システムはアパート・マンションの経営者様の味方になるはずです。品質も従来品を凌駕しますので、1度試してみる価値はあると思います。

詳細ページはこちらなので是非ご覧下さい!

EC-PLUS

EC-PLUSの特徴

EC-PLUSは通販事業を行なっている企業様専用のサービスになります。通販事業に必要不可欠なサービスや人員などをパッケージでご提供できるサービスになりますので、中小の通販企業様にとってはオススメのアウトソーシングサービスになると思います。商品の注文お問い合わせから商品の発送まで通販業務に関わる負荷業務を広範囲でアウトソーシングする事ができますので、人件費や社員を教育する費用や時間を大幅に削減できると思います。そして、1件単位で気軽に業務をご依頼頂けますので、リスクも少ないサービスになります。

価格

初期費用/固定運用費0円の完全成果型!

評価

備考

100社300商品以上の豊富な業務実績!
EC-PLUSの総評

通販事業は経営者にはかなり魅力的な事業だと思いますが、しっかりと軌道に乗せるためにはそれなりの資金や人員・時間が必要になりますが、EC-PLUSは通販企業に特化したサービスになりますので、商品企画から通販立ち上げまでを支援する事ができるんですね。EC-PLUSは初期費用・固定運用費も掛からない完全成果型になりますので、限りなくリスクを抑える事ができます。これから通販事業を始めようと思っている経営者様や現在通販事業に行き詰っている経営者様もEC-PLUSであれば、売上・運用・雇用の悩みを解決して、理想の運営フローを構築する事ができると思います。

詳細ページはこちらなので是非ご覧下さい!

LED照明レンタルサービス

LED照明レンタルサービスの特徴

LED電球は、白熱電球と比較すると消費電力が約9割も少なく、省エネで寿命も長いの特徴です。照明にかかる電気代を約10分の1まで削減する事が可能でランプ交換の手間についても激減すると思います。ただ、導入費用が高いというのがデメリットなのですが、LED照明レンタルサービスは初期費用が0円で、レンタル期間が満了後はお客様のものになるので、導入企業にとっては金銭的なリスクが全くないサービスになります。導入実績も23,000件突破しており、安心の5年保証も付いておりますので、安心して導入できると思います。

価格

初期費用0円で導入する事ができます!!

評価

備考

電気代を約10分の1までに削減可能!
LED照明レンタルサービスの総評

白熱電球からLED電球に交換すると電気代が安くなるという事をご存知だという方はかなり多いと思いますが、やはり価格が白熱電球に比べるとかなり高いという事で二の足を踏んでいた方がほとんどだと思います。LED照明レンタルサービスはその導入時の金銭的なリスクを限りなくゼロに近づけたサービスという事で23,000件もの導入実績を誇っているんですね。経費削減の観点から言うと、企業側には全くリスクがないのでやっておいて損は無いですし、優先的に行なうべき経費削減のアイデアだと思います。レンタル期間が終了すると自分のものになるというのも嬉しいですよね。

詳細ページはこちらなので是非ご覧下さい!

マイホームを購入する時の経費削減に役立つサイトです!

マイホーム購入で失敗しないための7つのポイント!
マイホーム購入専門ファイナンシャルプランナーが2,000件以上のマイホーム購入をお手伝いしてきた経験を活かし、失敗しないポイントを誰にでも分かりやすく解説したマイホーム購入入門サイトになります。